Currencies: 
ホーム >  レディースパンツ >  デニムパンツ >  2018新しいファッション レディースパンツ 【SOMETHING】W-FRONT SLIM

2018新しいファッション レディースパンツ 【SOMETHING】W-FRONT SLIM

5,972円

  • モデル: YmIHnYPH
  • 2628 在庫数

size


カートに入れる:

ほどよいゆったりシルエットのストレートデニム
膝下がすっきりした印象、野暮ったくならないように計算されたパターンでルーズなのにきれいなシルエットで見せてくれます。脚長見え効果抜群のハイウエストでトップスをインしてもすっきり着こなせます。ポイントはダブルフロント!さりげなく見えるブランドネームがいつものスタイルにこなれ感をプラスしてくれ、シンプルなスタイルにアクセントをプラスしてくれます。飽きのこないベーシックなデザインで長く愛用していただけること間違いなしです!デイリースタイルにTシャツやカットソーを合わせるのはもちろん、シャツで大人の抜け感を出すスタイルもお勧めです。


EDWIN-SOMETHING
1947年、常見米八商店創業。米軍払下げ衣料品の卸しを始める。当時、物資が不足していた戦後の日本において、東京上野のアメ横は食料品や中古衣料品のマーケットとして栄えた。日本で初めてジーンズ(当初は中古ジーンズ)を販売したのがアメ横だった。後に常見米八商店は米国から中古ジーンズの輸入を行い、アメ横にも近い日暮里本社(現在のエドウィン本社所在地)で中古輸入ジーンズを洗い、補修し、アメ横の販売店へ供給した。その後、中古ジーンズだけでなく、新品のジーンズも輸入される時代となったが、当時の米国製ジーンズは、固い、縮む、色落ちする、そして高額であったことから、日本の市場にフィットしなかった。もっと、日本人の体型にあった履きやすいジーンズを自分たちの手で創ること、この思いがジーンズメーカーEDWINの原点である。そして1960-日本のジーンズ誕生。その後、自由の象徴でもあったジーンズは、ユニセックスな若者のファッションアイコンとして成長してきました。ジーンズカジュアルだけではない、女性のファッションの進化と多様化ととらえ、女性専用のシルエットやパターンを研究。1979年に女性のためのファッションジーンズブランドとしてSOMETHINGがスタート。誕生以来、およそ4000万本のジーンズを作り、今までも、これからも変わらないのは(女性をキレイに見せたい)と思う気持ちであり、常に新しいジーンズを提案していくブランドです。

INTERPLANET/actuel(インタープラネット/アクチュエル)
・concept
いつだって私らしく、私自身のスタイルが決まる。。。時代や年齢に媚びない『らしさ』を纏って生きる女性へ。旬なベーシックと抜け感のあるカジュアルをMIX。そんな大人カジュアルコーデを提案します。
・お気に入りの登録について
ショップ、ブランドのお気に入り登録でクーポンやタイムセールの通知などお得な情報を受け取ることができます♪また、気になるアイテムのお気に入り登録でセールや再入荷の通知など受け取ることができます。
レビューを書く


Copyright © 2019 www.harukaze-office.jp 無断複写・転載を禁じます